御徒町で慢性症状改善の整体|腰痛頭痛|かなではり整体指圧|台東区上野|整体・骨盤矯正

03-6240-1354

定休:日・祝

03-6240-1354

営業時間 10:00〜20:00

予約はお電話
にて受付

肩だけ揉んでも良くなりません
改善する方程式があります!

こんな肩こりでお困りではありませんか?

  • マッサージに行くけれどすぐに元に戻る
  • パソコンや作業をするとき集中しづらい
  • 目の疲れや頭痛やめまいなどもある
  • ストレッチするけど今一つ効果がない
  • 背中あたりも張っている
  • 最近は腕も上がりにくい
  • 肘も痛い

もし1つでも当てはまるようでしたら、当院にご相談ください。

あなたの身体を一から見直す当院が「こり」の原因筋肉を明らかにして、根本から改善を目ざします

動きの軸となる部分➡筋肉がよじれ硬く「骨化」=老廃物蓄積=神経ホルモン活動低下、起こしやすい部分を熟知しておりますので、ピンポイントでアプローチいたします。

当院独自のストレッチにより身体バランスを調整し、慢性肩こりとサヨナラしましょう!


かなではり整体指圧で慢性肩こりを解決された方の喜びの声

いろいろ試したが緩和しなかった肘の痛みが改善している。

53歳 会社員 千葉県船橋市在住

肘が痛みだしなかなか改善しなかったため好きなゴルフにあまり行けてませんでした。いろいろと治療したけど改善しませんでした。

1回目のあとに少し改善する感じがあったので続けてみることにしました。

痛みのある右肘周辺と手首、首や肩や腰、肩甲骨回りと週に一度丁寧に計6・7回マッサージと鍼を併用して施術してもらっていると肘の痛みはだいぶ緩和して、ゴルフでラウンドが終わっても大丈夫な感じになりました。

まだ肘の角度によりツライ感じが残るので、時間のあるときに関連する部分の改善も含めて通おうと思っています。

 

※個人の感想を掲載しております。効果を保証するものではありません

色々試したけれど改善せず諦めかけた肩こりが当院で良くなる理由

かなではり整体指圧には多くの慢性肩こり来院されます。肩こりと共に目の疲れ・頭痛・めまい、肘が痛む、腕が上がりにくい方なども多くいます。そういった方々が当院でその悩みを次々と解決されていくには理由があります。

理由その1
徹底した症状のヒアリングと検査で痛みの原因を究明します

厚生労働省の「平成16年国民生活基礎調査の概況」によると、自覚症状を持っている人は、

男性では「腰痛」が最も多く、次に「肩こり」3番目に「せきやたんが出る」。
女性では「肩こり」が最も多く、次に「腰痛」3番目に「手足の関節痛」となっています。

また日本整形外科学会では肩こりの原因を

・首や背中が緊張するような姿勢での作業、
・姿勢の崩れ(猫背・前かがみ・なで肩)
・連続して長時間同じ姿勢をとること、
・精神的なストレス、
・冷房、運動不足
などが原因になりやすいと分析しています。

肩こりにより以下のいずれかが体に起こると考えられます。

・首の筋肉の左右のアンバランス
・肩の前への突っ込みや腕の捻じれ
・肩の高さが左右で違う
・肩甲骨の左右の位置のズレ
・腰椎・胸椎などの歪み
・股関節の位置異常
・骨盤のズレによるバランスの狂い
・足首の左右の形の違い

  • ・慢性肩こりを鎮めるために必要な施術は何か
  • ・再発しないよう根本解決させるために必要な施術はなにか

この二つを究明することで、まずは今ある痛みを楽にしていく。その後に本当の原因を解決していくという理想的な施術計画を立てることができます。

理由その2
肩こりで最も多く見受けられるパターン

特に長年の慢性症状に苦しんでいる方の場合は、体に改善を妨げる偏った疲労や悪い癖が染みついています。

凝りやすい方の肩が前へ突っ込む・前に巻き込んでしまう
・猫背・なで肩・前かがみも同じです。

肩関節を包んでいる筋肉や靱帯により巻き込み肩が形成され、
肩が前に突っ込み内側に捻れる状態が固定化すると、いわゆる脇が甘い状態になってしまいます。

上腕骨が内側に捻じれていると、筋肉は常にストレスを抱えた状態にあり、そのため普通の仕事をしていても疲れやすく、それをこなそうと腕に余計な筋肉を増やして耐えられるようになります。

全く特別な仕事をしているわけではないのに、腕だけがドンドン太くなります。

また肩関節の巻き込みがある人は、
胸椎の真ん中や、腰を捻じりながら出ないと上手く手を使えないため、バランス的に腰や背中の捻じれが慢性化していることが多いです。

理由その3
当院の肩こり改善方法

当院では肩こりは
1、体の偏った使い方
(仕事・作業・趣味・スポーツなどで)
2、同じ姿勢での長時間の作業
(緊張・興奮・ストレス・呼吸の乱れにより姿勢が崩れる)
3眼精疲労

上記3つが多いパターンであると考えます。

  • 偏った身体の使い方により腕に力が入り、肩が巻き込む・肩が前に突っ込む
  • 頭を使い長時間座り背中の緊張があると、腰椎上部と背中の真ん中に疲れが出る
  • 目の焦点を合わせるときは、後頭部、頚椎上部、肩甲骨周囲、首と肩の境の部分に負担


当院ではこの状況のとき、肩こりを頑固にさせる原因筋肉を
熟知しておりますので、
ピンポイントで痛み・お悩みの部分に
アプローチし、シッカリほぐします。
また当院独自の肩こり予防・緩和の
セルフケアもご紹介させていただます。

 

これら3つと当院独自のストレッチを
計画的に行っていく必要があります。
これら3つのステップを体の状態を
見極めつつ行っていけるから、
やっかいな慢性肩こりでも
良くしていくことができます。

整体施術料金について

初回 10,000円(税込)

内訳

初回カウンセリング料 3,000円(税込)+施術料 7,000円(税込)

 

時間

初回は80分ほどかかります。あなたの身体の状態や生活などについて詳しくお聞きし、なるべくご負担の少ない施術頻度、期間をご提案させていただきます。

初回お試しキャンペーン実施中!
初回10,000円⇒60%OFF4,000円!
ご検討中の方はお早めに。
※予告なく終了する場合があります

2回目以降

  • 45分 5,000円(税込)
  • 60分 6,500円(税込)
  • 80分 8,500円(税込)

内訳

2回目以降は施術料のみ

 

時間

  • 制限時間内に鍼灸をする場合、加算料金はありません。
  • 制限時間を過ぎて鍼灸をご希望される場合、別途1,500円かかります。

※お支払いは現金のみとなります。カード支払い準備中。

どれぐらい通えば慢性肩こりは良くなりますか?

あなたの慢性肩こりをよくするための通院回数や期間は、症状の程度や年齢などによって変わります。また必ず治るという断言もできません。しかしこれまでの臨床経験である程度の目安はお伝えすることができます。

慢性肩こりが落ち着くまでの目安通院回数

  • ・軽症・・・5回~10回
  • ・中症・・・11回~20回
  • ・重症・・・21回~

いくつか症例をご紹介します

症例1 回数10回 期間120日間 デスクワーク 女性31歳

腰痛もあり、左肩に刺されるような感じのコリというか痛みという感じがある。ひどいときには夜一度起きると、その後眠れないことも。整形外科でレントゲンを撮ると頚腕症候群との診断。

施術経過:

1回目~3回目

全身調整を行う。うつ伏せで骨盤の高さが左右違っている。左の肩甲骨が外に開き、左肩が右肩の位置より高くなっているので、左肩から背中の筋肉が伸ばされながら緊張しているための肩の痛みかとみられる。

3回目~7回目

左骨盤がうつ伏せで右より頭の方向に高くなっているのは左の股関節周囲の
筋肉に硬い部分があるためだと。根本原因はそれだと思われる。また左アゴの関節の周囲・後頭部・左側頭部・左鎖骨のと肩甲骨の周囲を中心に全身調整。

8回目~10回目

6回目の施術辺りで股関節を押されると感じていた痛みが軽減する。それと同時に腰も楽になる。8回目の施術辺りからアゴの感じが楽になりと首のコリが抜けてくると肩の感じも楽になる。左手でハンドバッグや持つのがつらく、お茶碗を持つのも面倒なくらいでした。満員電車で背中をグッと押されるととてもつらい日々から解放される。

症例2 回数14回 期間160日 主婦・パート 女性46歳

以前から右の肩コリがひどく、右の背中から腰の辺りまで重い感じがありました。昨年あたりから、右手の中指がひきつれるようになり整形外科では腱鞘炎と診断を受けました。飲み薬をもらい、手をあまり使い過ぎないようにと言われた。

施術経過:

1回目~3回目

全身調整を行う。右腕や右手首、右後頭部や首や肩・肩甲骨周囲、右の股関節から右腰と背中が特に硬いのが確認される。右肩が前に突っ込み内側に巻き込んでいる。

4回目~10回目

特に硬い部分と右足首にも硬さが感じられたのでそこの部分を中心に施術。
右腕から首肩を弛めるストレッチ、足首と股関節のストレッチを行ってもらう。

11回目~14回目

10回目を過ぎた辺りから右手中指のの痛み・シビレ・ひきつりが緩和される。

右肩はまだ凝るときもありますが、趣味のテニスを再開している。

症例3 回数20回 期間190日 営業職 女性46歳

営業の仕事をしているのですが、体が以前より相当硬くなりました。写真を撮ると、首が斜めに傾き、猫背ぎみなっているのがすごく気になります。首肩こりもひどい。

施術経過:

1回目~5回目

全身調整を行う。首は右に傾きながら顔はやや左を向く。右肩が前に突っ込み内側に巻き込む。背中の真ん中あたりから背骨が丸みを帯びている。肩甲骨の周囲と大胸筋部分が背中の真ん中あたりがかなり腰の上部が硬い。

6回目~12回目

右のが硬いのだけれども左も凝っている。今までもよくマッサージを受けていたとのこと。全体的に施術してもらうと軽くなる感じの継続感が長かったとのこと。特に硬い部分を中心に全身調整。また胸の部分と肩甲骨の部分を弛めるストレッチを行ってもらう。

12回目~20回目

左側は押していてもすぐに弛む感じが出てきたので右側を中心に施術をし行う
。右肩の突っ込みと内側への巻き込みが改善してくると背中の真ん中の辺りの
硬さも緩和し、姿勢がよくなってきた。

慢性肩こりを放置すると怖い本当の理由

凝りやすい方の肩が前へ突っ込む・前に巻き込む
状態が固定化すると、

いわゆる脇が甘い状態になります。
猫背・なで肩・前かがみの場合も同じ傾向があります。

この状態でロックしてすると肘の痛みに繋がります。

負のスパイラルで手首にも負担が加わると
手首が痛い・腱鞘炎・ばね指・手の指が痛い
などの症状が出てきやすくなります。

長年状態を継続すると、腕の神経痛、腕のリウマチ、痛風
などに発展することも珍しくありません。

また肩関節が巻き込み、胸の筋肉が硬くなり
左右の胸の厚さや広さ、肩の左右の高さが違ってくると、
気管支炎や肺炎、不整脈、不眠、胃の不調、甲状腺異常
なども引き起こしやすくなります。

長く続くと自律神経・ホルモンバランスが乱れ
慢性頭痛や自律神経失調症、バセドー病や膠原病の
一つの原因にもなりえます。

最後に院長から


肩こりは内臓の鏡と呼ばれています。
肩こりが長年続くと左肩の場合は胃や心臓
右肩の場合は肝臓の症状に関連している
場合もあることは、医学界でも昔から言われていることです。

肩こりだけでなく背中や腰の方まで不快感があるときは、
なおその傾向が強くなっていると考えられます。
慢性化が長年続いている方は、
悪循環に陥らない前に肩こりを解消することをお奨め致します。

当院はその場だけ良くても意味がないと考えています。
あなたが肩こりに邪魔されることなく、
質の高い毎日が遅れるようにすることが私の使命だと考えています。

肩こり施術を受ける前によくある質問

痛い施術はしますか

動きの軸となる部分➡筋肉がよじれ硬く「骨化」=老廃物蓄積=神経活動低下、する部分を緩和する際に、気持ち良い感じより痛い感じが強くなります。けれど「そこが悪い所だ」「そこが核心部分だ」という感じを持っていただけると思います。そこを押す際、力加減は大丈夫であるかどうか必ず確認致します。一切ありません。バキバキと無理な力を加える危険な施術はいたしません。一切ありません。バキバキと無理な力を加える危険な施術はいたしません。

妊娠中でも受けることができますか

基本的に問題ありません。ただし必ず主治医に相談し、施術の許可を受けてからご予約ください。

施術は電気を流したり、特殊な機械を使用したりするのでしょうか

動きの軸となる部分➡筋肉がよじれ硬く「骨化」=老廃物蓄積=神経活動低下、の部分を緩和する際に 押されるのが辛い方、またこちらが押さない方が良いと判断した場合、鍼を打ち電気を流す、またお灸をさせていただく場合がございます。
※鍼はディスポーザブルの使い捨てを使用。
※鍼は髪の毛くらいの太さなので刺さるときに痛くはありません。ツボに入るとズーンと響きます。
※お灸はせんねん灸を使用。熱いと言われたらすぐ取りますので火傷の心配はありません。

翌日に痛くなるようなことはありますか

硬い部分が緩和緩和されていく過程で
・あちこちが弛む過程で少しけだるい感じがある
・硬くマヒしている所の感覚が戻りコリと感じる
・弛み始めると虫が這っているような感じがする
・バランスがとれてくると今までの感覚と違い揺れる感じがする
・そこにあった老廃物の排泄のため、下痢や吐き気やできものという形で排泄
ということが、10人に1人ぐらいの割合です。その倦怠感も1日~2日で治まります。

仕事帰りに受けたいのですが、着替えはありますか

はい。お着替えも用意しております。ご用意できるサイズは以下です

女性S・M・L・LLサイズ
男性S・M・Lサイズ

薬やサプリメントを飲んでいます。それでも大丈夫ですか

大丈夫です。身体のバランスが調整されてまいりますと薬やサプリメントを飲まれなくなる
方を多く見ております。 →お問い合わせはこちら

症例一覧

トップページへ

お知らせ

    新着情報はまだありません。