御徒町で整体|改善に悩む慢性症状専門|かなではり整体指圧

03-6240-1354

定休:日・祝

03-6240-1354

営業時間 10:00〜20:00

予約はお電話
にて受付

ここがすごい当院の整体

整体といっても施術方法は様々です。
当院にも独自の特徴があります。
それらについてご紹介させていただきます。

慢性疲労筋肉が生じる理由

痛いとか苦痛を感じるとかいう部分は骨ではなく、筋肉の中にあります。
骨の中には神経は通っていないので、筋肉がその痛みに何がしか関係を
持っていると言わざるを得ません。

慢性的な筋肉疲労とは

筋肉に中には、血管・リンパ管・神経群が入り込んでいます。
酸性物質が溜まり筋肉が硬くなると、
血行不良・リンパ液の滞留が起こりやすい
ここまでは皆さまご承知の筋肉疲労ですが

更に筋肉の慢性疲労がひどくなると

筋肉の一部分に老廃物が残存するのが日常化して
硬い「凝り」の状態に陥っている慢性的な疲労
筋肉の伸び縮みを感じるセンサーの感度が低下します
神経の働きやホルモンバランスを狂わせ様々な慢性症状に。

慢性筋肉疲労の更に厄介なもの、筋肉の骨化現象 

筋肉が緊張して負荷がかかると、その部分にカルシウムが集まります。
筋肉が収縮するのにカルシウムは不可欠です。
筋肉内を流れる血流が阻害、またリンパの流れの滞り
筋肉にカルシウムを沈着
その様子はレントゲン、CTでも確認されます。

「骨化現象」は現在の医学界では多くのお医者さんに認知
されているわけではありません。
筋肉がコリ硬まることで何らかの病的な弊害が
もたらされているのであれば
その凝りを丁寧にシッカリほぐすことで、筋肉は柔らかくなり病状は改善に向かいます

改善を目指せる3つの理由

1

正確にコリが起こる場所を把握します


筋肉の骨化現象は正座をした時や自転車に乗った時など、踵やサドルにコリコリ感のあるお尻など

アキレス腱周囲、肩甲骨周囲、首・頭、手首、、ウェストライン、背骨など
できる所も人により様々で動かすとゴリゴリ音がします。

筋肉が偏って使われ過ぎもう働きたくない!
という部分に骨化現象は多く起こります。
コンセントのコードが捻じれると凹みができるように
筋肉を上からソッと触ると捻じれボコッと凹む所に
骨化現象は起きやすく骨格も歪ませます。

骨化した筋肉は劣化したゴムのように伸び縮みも悪いです。
体の各パーツの左右差とバランステストを行い
「骨化」している部分を割り出します。

筋肉の「骨化」は慢性腰痛、五十肩、頭痛、慢性肩こり、更年期障害、自律神経失調症、生理痛、膝の痛みなどの慢性症状を起こす引き金になりやすいです

2

シッカリほぐしセルフケアで再発予防


筋肉の「骨化現象」

関節の曲がり角、
背骨の際
骨と骨のつなぎ目(骨盤や頭蓋骨)
骨が突き出ている先端部分
動きの軸となる部分

に起こりやすく骨格を歪ませる特徴があります

施術するべき急所さえ分かれば指圧や鍼灸によりほぐすことが可能です。

プラスして創意工夫を重ねた
当院独自の体の軸を回復するセルフケアを行い
・姿勢に関してや日常生活での改善すべきポイント把握
・動きの軸ができ滑らかに動ける
・痛みを自分で予防できる
・再発しても軽くて済む

習慣的に行っていただくことで
生涯、元気で過ごせる体バランス
手にして頂きたいと考えます。

3

動きの癖を読み骨化筋肉を特定できる理由


整体という言葉を生み出した野口晴哉氏は
人の足裏の重心の特徴から、骨格・体型がどのように変わるのか?という特徴を体量配分計という特殊な体重計を二つ使い、
何十万人という左右の踵と足の親指と足の小指の3点の重さを計測し統計をとり、観察を行った結果から
足裏の重心と、なりやすい姿勢の関係を作り上げました。
足裏の重心の関係と姿勢の特徴は、「体癖」と呼ばれています。

足裏の重心により足の形も左右違ってきます。

人の体の動く方向は上下・左右・ねじる・縮まる、拡がる・前後に分類されます。それぞれの人に無意識に動きやすい・動くのが得意な方向があります。

靴底の減り方の違いから、筋肉質の人、お尻が締まりプリっと出ている人、お尻が垂れ気味の人、細いマッチ棒のような人、まん丸な感じの人、四角い寸胴の感じの人、逆三角形の人、など骨格・体型に色々タイプがあります。
体型の違いにより足の形もそれぞれ変わります

これらの体型の特徴により野口春哉氏は、どの部分に、
筋肉に慢性疲労が起きやすいかの傾向を導き出しました。

当院でも動きの癖を読みとり、慢性的に疲労した部分に的確にアプローチ致します。
無意識にしやすい動き=体癖についてこちらをクリック
野口整体を学んだ経緯についてこちらをクリック
野口整体はこちらをクリック
野口体操はこちらをクリック

野口整体の活点と呼ばれるツボは、
本当によく効果の出る施術の急所であり、
体の軸のある動きを取り戻す急所です。

筋肉がよじれ硬く「骨化」→動きの軸となる部分=老廃物蓄積=神経ホルモン活動低下

している部分をピンポイントでシッカリほぐし施術効果の最善を目指します。

その場しのぎではない本物の健康を取り戻すことを目的としています

痛みや悩みで身体の動きがしっくりことこない
日常動作や仕事や家事や余暇に集中しにくい

もしかしたら「私の身体は、このまま一生苦痛みと共に付き合っていくのか・・」
そんな風に諦めてしまっていたのではないでしょうか?
安心してお任せ下さい。
あなたの、これまでの痛み・悩みと正面から向き合います。
そして、絶対に諦めずにあなたと歩調を合わせて一歩一歩解決の道を前進します。

患部の痛みだけを基準にした施術は行いません、痛みの原因(骨化筋肉)に基準を置きます。

施術の流れ

1

ヒアリングシートの記入

カウンセリングシートを記入最初にあなたの体についての基本的なことについてご記入いただきます。施術に直結する重要なことですので、すべて丁寧にお答えください。もちろん守秘義務がございますので、この内容が外部に漏れることは一切ありません。

2

ヒアリング

当日の体の状態や、これまでの経緯などを細かくお聞きします。現在の痛みの原因は多くの場合過去にあります。「こんなことは関係ないかも」と思われることで隠さずにお伝えください。それが原因の特定や施術に良い影響を与えます。もちろんここでお話いただいた内容が外部に漏れることはありませんので、安心してお答えください。

3

検査

ヒアリングでお聞きした内容を元に、痛みや不調の原因を特定するための検査をします。検査をしながらいくつかご質問することもありますので、正直にありのままをお答えください。痛みを伴うような検査はありませんのでご安心ください。

4

説明(施術前)

カウンセリングと検査で判明したことを、包み隠さずすべて丁寧にご説明いたします

  • あなたの現在の体の状態。
  • 痛みや不調の原因と考えられることは何か。
  • 良くなるにはどれぐらい掛かるのか。
  • どんな施術をどんな目的で行うのか。

など資料を用いて、できるだけ簡単な言葉を使って丁寧にご説明いたします。もしわかりにくいことがあれば、遠慮なくご質問ください。すべて真摯にお答えいたします。

5

施術

施術はすべて院長が担当しますので、マニュアルに沿った流れ作業などではありません。あなたの体の状態に合わせて、あなただけのオーダーメイド施術をいたします。
体勢などが窮屈に感じるようであれば、おっしゃってください。臨機応変にベストな施術をすることをお約束いたします。
患部の痛みだけを基準にした施術は行いません、痛みの原因に基準を置きます。

6

説明(施術後)

どんな施術をどんな目的で行い、その結果どうなったのかを丁寧に説明いたします。家でできるセルフケアについても必要な方には丁寧に資料などを添えてお伝えいたします。ご不明なこと、心配なことがあれば遠慮なくお聞きください。
施術計画もお伝えしますので、次回の来院日をここで決めていただき、終了です。

施術に関してよくある質問

施術は痛いですか?

筋肉がよじれ硬く「骨化」→動きの軸となる部分=老廃物蓄積=神経活動低下、部分を緩和する際に、気持ち良い感じより痛い感じが強くなります。けれど「そこが悪い所だ」「そこが核心部分だ」という感じを持っていただけると思います。
そこを押す際、力加減は大丈夫であるかどうか必ず確認致します。

翌日に痛くなるようなことはありますか?

硬い部分が緩和緩和されていく過程で
・あちこちが弛む過程で少しけだるい感じがある
・硬くマヒしている所の感覚が戻りコリと感じる
・弛み始めると虫が這っているような感じがする
・バランスがとれてくると今までの感覚と違い揺れる感じがする
・そこにあった老廃物の排泄のため、下痢や吐き気やできものという形で排泄
ということが、10人に1人ぐらいの割合です。その倦怠感も1日~2日で治まります。

施術は電気を流したり、特殊な機械を使用したりするのでしょうか?

動きの軸となる部分→筋肉がよじれ硬く「骨化」=老廃物蓄積=神経活動低下、部分を緩和する際
押されるのが辛い方、またこちらが押さない方が良いと判断した場合、鍼を打ち電気を流す、また
お灸をさせていただく場合がございます。
※鍼はディスポーザブルの使い捨てを使用。
※鍼は髪の毛くらいの太さなので刺さるときに痛くはありません。ツボに当たったときにズーンと響きます。
※お灸はせんねん灸を使用しています。熱いと言われたらすぐ取りますので火傷の心配はありません。

妊娠中ですが施術を受けることはできますか?

安定期に入っていて、担当医からの許可を得ている場合は施術を受けていただくことができます。

病院で治療を受けています。併用して通院可能ですか

担当医師と相談してから当院を受けていただくことをおすすめいたします。特に投薬治療などを受けられている場合は、勝手に薬を飲むのを中断したりせずに医師にご相談のうえ当院での施術を受けてください。保険に関しては、当院は自費施術院ですので問題ありません。

通院できません。施術は可能ですか?

当院では1回で施術が終わることはほとんどありません。計画的な通院ができない場合は当院での施術は成果が見込めないのでお断りしています。あなたの近隣に、信頼おける施術院があればご紹介いたします。

慢性症状以外での通院は可能ですか?

慢性症状が改善されてからも身体のメンテナンス通院をされてる方も多くおられます。
またスポーツをされている方がパフォーマンスを維持・改善するための通院や
仕事での能率アップ、姿勢バランスを整えるために通院されている方も多いので大丈夫です。

施術室は他の方がいたり、外から見える場所ですか?

施術室には必要な付き添いの方以外は立ち入り禁止です。外から見える場所でもありませんので、人の目を気にすることなくリラックスして施術を受けていただけます。

子どもの付き添いは可能ですか?

付き添いの方が一緒に施術室に入ることはまったく問題ありません。特に初回はお体の説明や施術計画についての説明をいたしますので、保護者の方に付き添いが望ましいです。

トップページへ

お知らせ

    新着情報はまだありません。