御徒町で慢性症状改善の整体|腰痛頭痛|かなではり整体指圧|台東区上野|整体・骨盤矯正

03-6240-1354

定休:日・祝

03-6240-1354

営業時間 10:00〜20:00

予約はお電話
にて受付

四十肩を克服した整体はり灸師が使う
「秘伝の野口整体の矯正点の設計図」で
肩のお悩みから解放されスッキリ軽快に生活

こんな四十肩五十肩でお悩みの方が来院されます

  • 寝返りをすると痛み、朝起きると肩が痛い・重い
  • 肩が痛くてうまく上がらない・腕を背中に回せない
  • 肩がこわばり動かすとゴリゴリと音がする
  • 色々と通ってみた、すぐ肩の痛み、重だるさが戻る
  • 肩の痛み・重だるさと一生付き合ってくものと諦めている
  • 姿勢が歪み悪くなっているような・・
  • 手にもシビレ・重だるさがあり力が入りづらい


もし一つでも当てはまるようでしたら当院にご相談ください!

野口整体は、足の親指と小指と踵の3点を計れる体重計で
足裏のどの位置に体重が掛かるか?を計測し、それにより骨盤や身体がどのように歪むか?、言い換えますと「上下」「左右」「前後」「捻る」「開閉」と5方向の動きをする際の足裏へかかる負担の違い、を多くの症例からまとめています。各人の体の傾向が分かれば、なぜ痛みや悩みが発生したかを説明できます。

野口整体の矯正点は、身体の動きを「上下」「左右」「前後」「捻る」「開閉」と5方向に分類し、5方向の歪みを解消するためには身体全体をどういうポーズにするべきか?という問いの中から生まれてきています。

背中のどの部分の矯正点が、手や足やお腹や頭の矯正点とどういう繋がりがあるかということが詳しくまとめられており、それぞれ腕の活点、足の活点、頭の活点、首の活点、お腹の活点として設定されています。

だから、背骨を中心に体のトータルバランスをつかみやすい施術システムになっています。家を建てるためには「設計図」が必要なように、カラダの歪みや症状を改善するためにも「設計図」が必要です。

「活点=矯正点」は動きの5方向の複数の動きが重なる交差点を施術して、慢性症状にお悩みのあなたに、早く効率的に改善できる道筋を是非お伝えしたいという想いが強くあります。

私も四十肩を経験しましたので、関係する活点はよく心得ております。肩が重い・だるい・痛い、肩の動きが制限される、日常生活が不便、趣味を楽しめないなどの悩みを共に改善しましょう!

四十肩・五十肩を放置すると怖い本当の理由

右の四十肩・五十肩は肝臓の動きが鈍くなっていることが考えられます。

左肩が動きにくくなる時は胃の症状が関連している場合があります。

また胸椎が捻じれていると副腎皮質から出るステロイドホルモンの出が悪くなっているためストレスに対しての身体の反応が鈍くなりますし、痛みの修復への反応も鈍くなりますので、疲れが抜けにくい状態になっていまいます。

肋骨や肩甲骨の位置の変異は、頭痛、耳鳴り・めまいなどとの関連がありますので早めの対応をすることが、色々な症状を招かないでために必要だと考えます。

かなではり整体指圧で五十肩を解決された方の喜びの声

5年間悩んだ肩の痛みと背中の重さがほぼ楽になる。

40代会社員 東京都台東区在住

肩から背中の痛みに5年以上悩まされていました。自分の耳に触るのがやっとくらいしか上がらず、整髪するのが困難な状況でした。また痛みで夜眠れないときもありました。

3回目の施術で耳を触る動作が楽になりました。6回目のあと、整髪が楽にできるようになりました。5年間悩んでいた肩の痛みは緩和されました。今までの悩みは何だったんだろうという感じです。

しかし肩を動かすと鎖骨の辺りもゴリゴリと音がし、左と比べると肩の動かしづらさと背中の引っかかりがあるので引き続き調整に通っています。

でもいろいろと関連する部分を施術してもらい自分でも動きが楽になり日常生活が快適になるのでどんどん良くなるのが楽しみです。

※個人の感想を掲載しております。効果を保証するものではありません

なかなか改善しない五十肩が当院で良くなる理由

かなではり整体指圧にはさまざまな五十肩のお悩みの方が来院されます。痛くて眠れない方や日常生活で整髪や洋服を着るときに痛む方、朝起きても肩が重い方なども多くいます。当院でその悩みを解決されていくには理由があります。

 

理由その1
四十肩五十肩が起こりやすいメカニズムを熟知

四十肩五十肩の痛みを解除するには肩関節周囲の施術だけをしていては改善に至らないことが多いです。当院では自分自身の患った経験と、多くの症例とから

四十肩五十肩により体の方には以下のようなことがよく起こります。

・頭の位置が真っすぐでなく捻じれたり傾いたりする
・肩関節の前への突っ込み(巻き込み)、
腕が内側に捻じれる
・肩の高さが左右で違う
・痛い方の肩甲骨の下の端が外に開くと同時に下がる
・鎖骨の位置のズレ
・腰椎・胸椎の歪む・
手首が太くなる、肘が痛む
・一方の腹筋群が硬くなり、そちらにヘソの位置が偏る

肩を動かすとゴリゴリと音が出るのは、位置がずれた肩甲骨と出っ張ってしまった肋骨が肩を動かすときに当たるのと肩甲骨の裏側にある筋肉のコリが動くときに出る音です。

また鎖骨周辺の筋肉が硬くなり鎖骨の位置がずれていると肩を動かすときにゴリゴリと音を立てる感じがします。

自分自身で経験したためよく判ります。

安心してお任せください。当院では上記の部分を施術することから多くの方が改善していく姿を経験しています。

理由その2
なかなか治らない・・「矯正点の設計図」をお試しください

四十肩五十肩を改善を目ざすには肩関節周囲の他に、以下の施術ポイントのいくつかを改善する必要が生じるケースが多くあります。

①肩甲骨から首や肋骨へつながる筋肉を弛める
②鎖骨から頭蓋骨へつながる筋肉を弛める
③脇腹と腹筋の筋肉を弛める
④歪んでいる胸椎・腰椎を矯正する
⑥肘や手首の変形を矯正する

矯正点=活点は複数の筋肉が同じ場所に集まる部分で動きの軸(筋肉の交差点)になる場所です。

動きの軸になる部分→筋肉が硬くなる→老廃物蓄積→神経ホルモン活動低下

上記の流れを断捨離します。それで、四十肩五十肩の症状を改善に導きます。痛み歪みを解消しカラダを再活性、若々しく軽快に躍動する精力的な日常をとり戻して頂きます。

四十肩五十肩に効果的な体操もご紹介いたします

 

理由その3
四十肩五十肩で注意すべきこと

四十肩・五十肩は肩関節周囲炎と呼ばれています。肩関節に付いているいくつかの腱の断裂や、筋肉や腱のなかに石灰が沈着することにより起こるとされています。(医学界でも原因は完全に明らかにはされていません)

五十肩の原因として整形外科など病院での診断は

1、肩関節周囲の筋肉の疲労や炎症
筋肉が骨についている部分を腱(腱板)といいます上腕骨の端の部分が肩甲骨にきちんとはまらなくなり炎症をおこす。

2、肩関節周囲の組織の石灰化
レントゲン撮影で肩関節周辺の一部に石灰が沈着していることが見られます。これは石灰沈着性肩腱板炎と呼ばれ、痛みの原因になっている。

3、ストレス 運動不足、姿勢
普段の生活習慣やストレス、ホルモンバランスの乱れが重なると五十肩を発症しやすいと言われています。生活リズムが不規則で睡眠不足や偏った食事、運動不足などによる血行不良、過剰なストレスは五十肩の発症に少なからず関係している。

と医学界では言われています。

整体施術料金について

初回 10,000円(税込)

内訳

初回カウンセリング料 3,000円(税込)+施術料 7,000円(税込)

 

時間

初回は80分ほどかかります。あなたの身体の状態や、生活などについて詳しくお聞きし、なるべくご負担の少ない施術頻度、期間をご提案させていただきます。

初回お試しキャンペーン・一日2人限定!
初回10,000円⇒60%OFF4,000円!
ご検討中の方はお早めに。
※予告なく終了する場合があります

2回目以降

  • 45分 5,000円(税込)
  • 60分 6,500円(税込)
  • 80分 8,500円(税込)

内訳

2回目以降は施術料のみ

 

時間

  • 制限時間内に鍼や灸をする場合には加算料金はありません。
  • 制限時間を過ぎて鍼や灸をご希望される場合は別途1,500円かかります。

※お支払いは現金のみとなります。カード支払い準備中。

※スマホの方は電話番号をタップすると電話することができます
「ホームページを見て」とお伝えください

03-6240-1354

どれぐらい通えば四十肩・五十肩は良くなりますか?

あなたの五十肩をよくするための通院回数や期間は、症状の程度や年齢などによって変わります。また必ず治るという断言もできません。しかしこれまでの臨床経験である程度の目安はお伝えすることができます。

辛い四十肩・五十肩が落ち着くまでの目安通院回数

  • ・軽症・・・5回~10回
  • ・中症・・・11回~20回
  • ・重症・・・21回~

いくつか症例をご紹介します。

症例1 回数5回 期間40日間 調理師 男性30歳

厨房で調理の仕事をしていて、右手で包丁を使うことが多いため、右肩に痛みを感じるようになりました。肩も回しづらく調理をしていても重さや違和感が気になっていました。

施術経過:

1回目

1回目の施術のあとで上がりにくかった肩がほぼ違和感なく上がるようになった。

2回目~3回目

3回目でほぼ改善し痛みも肩の回しづらさもなくなった。

4回目~5回目

肩甲骨の首位に硬い部分が残っており左肩と比べ可動域が狭くなっていたのでその部分と全体調整を行う。

症例2 回数12回 期間90日 会社員 男性60歳

電気検診の仕事をして体がガタガタになっている感じがありました。肩の高さも左右違っているのが自分でもよく判り、右肩を上げるのが辛く、仕事と日常生活をするのに不便を感じることが多くなりました。

施術経過:

1回目~3回目

右肩が下がり右の肩甲骨も下がり外側に開いていた。肋骨も外に張り出し
肩甲骨と肋骨があたり肩を回すと音がしていた。後頭部と首と肩甲骨周囲と
右肩回りの硬まっている部分をほぐす。徐々に肩の可動域が広がる。

4回目~9回目

腰の部分や骨盤の部分にも歪みがあり肩甲骨の位置を下げる一因だったので、
そちらの調整も行う。この間にほぼ肩は違和感なく動かせるようになる。
腰や骨盤の動きの改善ストレッチも行ってもらう。

10回目~12回目

最後の3回は全身調整を行い全体のバランスを整え、肩の状態を安定させた。今、通い始めて半年になりますが体が楽なので、仕事も楽だし
孫とも楽に遊べて嬉しい様子。

症例3 回数20回 期間160日 会社員男性 47歳

肩から背中の痛みに5年以上悩まされていました。自分の耳に触るのがやっとくらいしか上がらず、整髪するのが困難な状況でした。また痛みで夜眠れないときもありました。

施術経過:

1回目~5回目

3回目のあとに整髪する動作が楽になる。右肩の痛みは5回目の施術で
ほぼなくなる。肩の可動域を広げるストッレチも併せて行ってもらう。

6回目~12回目

背中の硬さが頑固で骨盤も歪んでいる。肩の痛みはなくなったけれど
肩を回すときに鎖骨の部分がゴリゴリと音がするのは消えない。右手と
右脇腹、鎖骨に付着する筋肉と骨盤周囲に施術を行う。
脇腹や全体を調整するストレッチも行ってもらう。

13回目~20回目

骨盤の歪みと右腕の硬い部分はだいぶ改善して、それに伴い背中の硬さも
だいぶ改善する。鎖骨の所のゴリゴリ感もだいぶ少なくなるがあと一歩。
右脇腹がもう少し緩めばもっとよくなる。継続して通院中

最後に院長から

私自身40歳を過ぎて四十肩と骨盤の歪みから腰や肩に何かが挟っているような重だるさと動きが滑らかにいかない経験をしました。

同じ体勢でいるのも嫌でしたし、肩のある角度で非常に嫌な感じがあり厄介でした。改善への近道のセルフケアを行い早期回復をしましょう!一つ一つ原因を処理していけば、根本原因にたどり着けます。

共に解決の道を歩みましょう。五十肩で自由に腕を動かせず痛みを伴い仕事や家事に集中できない状態を改善するための最善のお手伝いをさせていただきます。

四十肩・五十肩の施術を受ける前によくある質問

痛い施術はしますか?

動きの軸となる部分→筋肉がよじれ硬く「骨化」=老廃物蓄積=神経活動低下、部分を緩和する際に、気持ち良い感じより痛い感じが強くなります。けれど「そこが悪い所だ」「そこが核心部分だ」という感じを持っていただけると思います。
そこを押す際、力加減は大丈夫であるかどうか必ず確認致します。

施術は電気を流したり、特殊な機械を使用したりするのでしょうか?

筋肉がよじれ硬く「骨化」→動きの軸となる部分=老廃物蓄積=神経活動低下、部分を緩和する際押されるのが辛い方、またこちらが押さない方が良いと判断した場合、鍼を打ち電気を流す、またお灸をさせていただく場合がございます。
※鍼はディスポーザブルの使い捨てを使用。
※鍼は髪の毛くらいの太さなので刺さるときに痛くはありません。ツボに当たったときにズーンと響きます。
※お灸はせんねん灸を使用しています。熱いと言われたらすぐ取りますので火傷の心配はありません。

翌日に痛くなるようなことはありますか?

硬い部分が緩和緩和されていく過程で
・あちこちが弛む過程で少しけだるい感じがある
・硬くマヒしている所の感覚が戻りコリと感じる
・弛み始めると虫が這っているような感じがする
・バランスがとれてくると今までの感覚と違い揺れる感じがする
・そこにあった老廃物の排泄のため、下痢や吐き気やできものという形で排泄
ということが、10人に1人ぐらいの割合です。その倦怠感も1日~2日で治まります。

仕事帰りに受けたいのですが、着替えはありますか?

はい。お着替えも用意しております。ご用意できるサイズは以下です。

女性S・M・L・LLサイズ
男性S・M・Lサイズ

病院で治療も受けています。それでも大丈夫ですか?

大丈夫です。むしろ、病院では治療していない部分も施術し動きを良くしてあげることで、早期改善を目ざせます。 →お問い合わせはこちら

症例一覧

お知らせ

    新着情報はまだありません。