御徒町で慢性症状改善の整体|腰痛頭痛|かなではり整体指圧|台東区上野|整体・骨盤矯正

03-6240-1354

定休:日・祝

03-6240-1354

営業時間 10:00〜20:00

予約はお電話
にて受付

バイアス(先入観・恣意性)とスランプ|かなではり整体指圧

バイアス(先入観・恣意性)とスランプ|かなではり整体指圧

こんにちは、台東区上野3丁目、
御徒町・上野御徒町・上野広小路駅近くの整体
「かなではり整体指圧」の布施です。
ブログをご覧いただきありがとうございます^^

マーケティングの勉強会で講師の方から
頂いた資料の中に、臨床心理士「北田義男」先生
がDVDの中で語られていたことを元に
この記事を作成しています。

知らず知らずのうちに先入観や思い込み
自分の好みの思考の形態を繰り返していることを
「バイアス(bias)」がかかると言い

「事実を丸ごと見るのでなく、
事実の一部を切り取って受け取る」
仕事が上手く行かなくなったり
身体に症状が出ることを

「スランプ」の罠にはまるということが
語られていました。

確かに自分自身でもそんな傾向はあります。
バイアスがかかりスランプへの進行や
パラレルプロセスに陥ったときの対処などを
ご紹介させていただきます。

 

・バイアスからスランプへ

 

スキル人が高いほどスランプ(壁)を
明確に意識できない。

腕やテクニックに自信と誇りを持ち、
スランプ(壁)に突入した瞬間から
選択的な視覚に陥る⇒先入観・思い込み
(バイアスがかかっている)

「事実を丸ごと見るのでなく、
事実の一部を切り取って受け取る」

行ったことの仕事量はそのまま反映されず
、断片的にしか入らず積みあがらない
(仕事量のわりに能率が上がらないという焦りも手伝う)

この状態が改善されることなく
長く続き翻弄され続けていると、
良い援助者に出会うことなど、
手応えのある経験がないまま
今日に至ってしまう

こうなると脳は「誰も助けてくれない」
という方向で身の回りに起ること出来事を判断し、
マイナスの価値観を裏付ける者だけ集められやすく、
情報の偏りが生じる傾向がある

肩こりや頭痛、睡眠不足、理由なく
イラついてしまうなどの症状も起こりやすい

「マイナスの状態しか拾えない脳の状態」
という特徴を改善するアプローチをすると
仕事量に反映されだし、勝手に能率が上がり始める

スランプに陥りやすい状況は
予想以上に期待と不安が交錯しており
必要以上にあることに自分を投影して
気合が入り過ぎてしまいから回り
しやすい傾向になってしまう
(過剰反応・過剰サービスになりやすい)

例えば
・過度な期待を感じてしまっているとき
(バイアスがかかり過ぎている)
・新しいことをはじめて、何とか成功させようととき
・誰かを自分のスキルで助けたいと思っているとき
・ギャンブルなどで必要以上に熱くなりすぎているとき

などは
・過度な期待を自分自身で作ってしまう(よそ行きの自分)
・普段見えることが見えない
・普段言わないようなことを言ってしまう
・普段なら出てくるような言葉が出にくい

状態で
自分の揺れや自分が受けている影響(変容している自分)
に目がいかないときに視野狭窄が起りやすい

 

・スランプに陥ったら

 

以下14のことを行ってみると良いようです。

1、まず自分自身が落ち着くこと
自分が緊張している
力が抜けていないと相手にも伝わる

2、「緩やかな流れに乗れば、見えないものが見えてくる」
緊張していると頭に入らない
弛むと連想が活発になる
相手を読む深さが出てくる

3、ゆっくり話す・弛むことが大事
(普段の60~80%の話す速度)
声は低い方がいい
ボリュームも下げる
話の速度がワンパターンだとリズムが生まれない

4、「光ワーク」
光を浴びると人間は落ち着く
(ホルモンが分泌されやすい)

5、普段ドアの開け閉めをゆっくり行う(自分自身)
この習慣の感じが無意識に態度に出てしまう

6、話す、歩く、食べる、呼吸もゆっくりしたリズムを日常的に意識

7、難しいことを伝えようとせず人間性を伝えることを意識する
テクニックにこだわると行き詰る、
スタイル(マインド)のこだわるとブランドになる
人間性を売りにして相手の感情に働きかける

8、技術やスキルに目を向けている自分から人との関係性を重視する

9、相手の呼吸のペースを意識する

10、話し上手は聞き上手(質問上手は話させる)
質問をして相手を自分のペースに持ち込む
オウム返しでなく必ず相手の言った言葉を
自分の言葉に変換して言い直す

11、細かく聞く
相手が連想しやすいように聞く
話を聞くときに話すときに心と体に矛盾がない態度

12、相手のよく使う言葉=キーワードを見つける

13、完璧を意識せず、データや様子を見ながら
また効果を検証しながら発見しようという意識付け
(計画50%試しながら発見50%)
失敗しても「ノウハウ」に変えていく

14、相互関係をより発生させるには
自分の人間的レベルアップが必要
(何かをセミナーなどで習ったりしたら
自分の言葉化できるまで繰り返し反復)

 

・スランプに陥った人への対応

 

1、期待志向より応援志向
2、相手の枠組みを尊重する
3、小さな喜びを喜ぶ
(相手の喜びへの共感する)
4、小さな成功に気づき喜べることへの応援
5、小さな喜び・成功を積み上げ大きな成功への手助け

 

・改善ストレッチ

 


こちらはお腹を弛めるストレッチになります。
正座した状態から両手と額を床につけます。

この状態でみぞおちの部分が凹むように
息を思い切って吐き出しましょう。

みぞおちが柔らかくなるように何回か行います。


こちらもみぞおちを弛める体操になります。
両足を15cmから20cm上げましょう。

そして足を下げるときに足先を内側に向け
(足の親指を近づけ)ゆっくり息を吐きながら
ゆっくり足を降ろしましょう。

足をあげ一旦お腹に力が入りますが
息を吐きながらゆっくり降ろすことで
反動でお腹が弛みやすくなります。

①仰向けに寝て手の平を頭上で合わせます。
そして両足首をできるだけお辞儀させます。
このとき腰が床から少し浮くようにします。
10秒キープして腰をパタンと床に落とします。

次に今度は足の指を開きパーの状態にして
できるだけ両足首を反らします。
このときは腰を浮さないです。
10秒キープしましょう!


こちらは頭や胸部や肩甲骨回りを弛めます。
仰向けに寝て肘を曲げ床に突き刺します。
体側に肘がピッタリつくようにします。

両手はパーにして開き真っすぐ上に向けます。

そして頭のテッペンを床につけるようにします。
このとき奥歯を噛みしめて下さい。(ポイント)

両方の肩甲骨がグッと近寄り
後頭部や首の筋肉がグッと縮み
胸がグッと反れる感じだととても良いです!


こちらは開脚して体を両足の方に交互に
なるべく深く倒してください。

お尻や骨盤底筋群を弛める体操です。
お尻と頭の相関関係は東洋医学でも
重要視されていますし

野口整体でも胸から上を弛めるために
骨盤を柔軟にする施術があります。

 

・野口整体の独自のツボ=活点による施術

 

改善方法を行っても良くならないならば
当院にお任せください!

スランプに陥った場合は
身体が弛みにくい状態になっていると
思われますので、先に体をほぐしその次に
心の緊張を解く方が楽だとも思います。

重心バランスの崩れもあると考えます。

●当院では野口整体の活点と呼ばれるツボに鍼灸や指圧を行い症状を改善いたします

野口整体は
足裏のどの位置に体重が掛かるか?
により骨盤や身体がどのように歪むかを、
多くの症例からまとめた整体法です。
各人の体の傾向が分かればどうして
痛みや悩みが発生したかを説明できます。

野口整体ではお腹のどの部分のツボが
背骨のどの部分に対応しているか、ということを
詳しくまとめており、腹部活点と呼ばれています。

活点とはツボの中でも特に効果の出やすい部分です。

また背骨のどの部分が手や頭やお腹と
どういう繋がりがあるかと
いうこともまとめられており

腕の活点、足の活点、頭の活点、首の活点、
背中の活点、お腹の活点もまとめられており
体のつながりが把握しやすい形になっており

原因をつかみやすい施術システムになっています。

  • 余暇や趣味やスポーツを心底楽しみたい
  • 心や体の緊張をとりたい
  • 自律神経の乱れを感じる
  • 日常生活をもっと楽にしたい
  • 体の歪みを改善したい

上記のようなお悩みの方、お気軽にご相談ください。

・最後に

 

疲労が蓄積し捻じれ骨化した筋肉は
筋肉の曲げ伸ばしを感知するセンサー自体の
感受性が鈍くなりいつも重だるく
感じます。

骨化した筋肉は筋肉の表面が凸凹になっています。
例えるならば買ったばかりのコンセントのコードは表面が
ツルっとしていますが何回も捻じったり曲げたりして
使っていると表面が凸凹になる感じです。

野口整体では筋肉が凹んでいる部分が
よじれ硬く結ばれ米粒くらいの塊ができやすく
コリやすくゴリゴリしやすい部分としています。

多くの症例から特に人に共通してできやすい
硬く結ばれる箇所を活点=急所としてまとめています。

長いスランプに陥る場合
知らず知らずの筋肉の緊張が溜まり

頭痛や首肩コリ、背中の痛み、腰の痛み
不眠傾向、胃腸症状、動悸や息苦しさなど
感じやすい状態にあると思います。

まず施術をしてからその状態にあった
ストレッチや体操を行わないと
何年も症状を改善するのに時間がかかってしまい
「もういいや」と諦めに入ってしまうかもしれません。

筋肉の表面の凸凹が血行や自律神経や運動神経を乱し、
悩みをもたらします。慢性症状の根本原因になるのは
筋肉の曲げ伸ばしを感知するセンサー自体の感受性が鈍くなり
いつも重だるい感じがするのは骨化筋肉の部分です。

ストレッチや体操もしなければ改善はおそくなりますが
コル部分を鍼や指圧でほぐすとと断然回復は早いです。

また必要な部分に効果的に刺激を入れる方法やポーズも
豊富にご用意しております。

歪みを1回改善できたら、もしその歪む部分がまた歪もうと
した時に、以前より敏感に感じることができます。
その部分の修正運動が自分で分かっていれば
再発も防止することも可能です。

患者様と真摯に向き合いもうすぐ20年、3万人を施術、慢性症状専門の整体

JR御徒町駅南口・上野御徒町・上野広小路駅から徒歩4分程です。
御徒町駅南口を松坂屋方面に出て頂きます。
JR秋葉原駅より徒歩10分|台東区上野|かなではり整体指圧

近隣では
台東区上野・東上野・台東・池之端・小島・三筋・浅草
文京区湯島・本郷・弥生・千駄木、根津
千代田区外神田・神田などから来院されます。

当院には慢性腰痛、五十肩、頭痛、慢性肩こり、
更年期障害、自律神経失調症、生理痛、膝痛などの
慢性症状でお悩みの方が多く来院されます。

当院では骨盤矯正も行っております。
姿勢改善、足のお悩み改善、痩身、便秘/下痢改善なども
骨盤矯正と共に行っております。
詳しくはこちら→かなで骨盤矯正

※スマホの方は電話番号をタップすると電話することができます
「ホームページを見て」とお伝えください

03-6240-1354

・メールでのご相談やご予約は以下の赤い文字で表示される部分を
クリックしてこちらのフォームに必要事項を記入し送信してください。
オンライン予約:こちらをクリックしフォームに必要事項を記入し、送信してください。

・LINEでご予約の場合は下記の友達追加ボタンを押した後
QRコードを読み込んでいただきご予約内容や質問を送って頂きますようお願い致します。
友だち追加

関連がある他のページ
赤い文字をクリックしてご覧ください。
首肩コリと腕と肩甲骨と姿勢の関係|かなではり整体指圧
疲れやすい・だるいのと体の歪みの関連|かなではり整体指圧
疲れ目の原因と解決方法(ツボと体操紹介)|かなではり整体指圧
頭痛で後頭部やこめかみのズキズキに効くツボ|かなではり整体指圧耳鳴り・めまいの原因と改善方法|かなではり整体指圧
自律神経失調症での歪みと諸症状の関係|かなではり整体指圧
慢性肩こり
頭痛
慢性腰痛
生理痛

トップページへ

お知らせ

    新着情報はまだありません。